今日、漫画読んでて唐突に「人間にはなぜ『言葉』が必要だったのか」という疑問が浮かんできた。

昔はお猿さんに近かったわけだから「言葉」ってものは持ち合わせていなかっただろう。

群れを成して生きるにも「泣き声」的なものがあればコミュニケーションは取れたはずだ。

現に他の動物はそうして集団生活を送ってるわけだし。。。

じゃあ、なぜ人間には「言葉」という複雑なコミュニケーション手段が必要だったんだろう…


うーーーん

人間ってのは意思疎通が下手だったのかな…

表情、泣き声とかだけじゃ意思疎通が不十分だったから、
より明確に意思を伝えるために言葉が必要だった…

現に「言葉」のようなすぐれたコミュニケーション手段があったって分かり合えなかったりするわけだし。。。

そう考えると、世界で一番複雑な言語を扱ってる日本人は意思疎通が一番へたくそな民族なんじゃなかろうか?



まぁ、どうでもいいけどね…