忘れっぽいのではない、忘れっぽいのではない

コーヒーなど飲もうと思ったのだ…
まぁ時期が時期なので冷めてから飲むわけだ。
つまり煎れてからちょっとキッチンに放置してるわけです。

で部屋でPCにむかってなんやかんややってて
「そろそろいい頃合だろう」と思いキッチンへ…

…あれ…

コップが空になってる…

だ、誰かに飲まれた!!

わけもなくお湯沸かした直後にコップを用意して
インスタントの粉を入れようとスプーンを手にとって
冷蔵庫にヨーグルトあったの思い出して、
ヨーグルト食べてコップをそのまま放置…orz

要は最初から煎れていなかったのだ


気を取り直し
お湯を沸かしなおして今度こそコップにお湯を注ぐ…

ほんでもって頃合を見計らって再びキッチンへ…
キッチンでコップを手にとってびっくり…

こ、これって、お湯じゃね。。。

コップに入っていたのはコーヒーではなくお湯であった・・・
どこかの錬金術師があっしのコーヒーをお湯に練成しやがった

…はずもなくインスタントの粉を入れるのを忘れていた…

忘れっぽい?

否、周囲の情報収集能力が高すぎるのだ…
だから回りに何か気になるものがあればすぐにそっちに興味を向けてしまうのだ…

そう!注意力が散漫なのだ!

ってアレ?