+-0

日常145
4月~6月くらいの間、毎週1000円くらいガンバライドやってて
7月くらいに入ってからガンバライド離れしたから出費が減るかと思ってたんだけど
その分、やたらと本を買ってるためむしろ出費が増えたような…

もともとは月に1冊、本を買うか買わないかだったのだが…
ここ1ヶ月で13冊も本を買ってしまっておる…
週3冊くらいか…
地味に全部ライトノベルだったりする…

一度興味を持つと一気にのめりこむんだが飽きるのも早いので
飽きるのも時間の問題なのかしら?



高校の頃、登校して朝礼の前に「朝の10分間読書」というのをやらされていたのだが
活字が苦手な自分は年間で3冊読めば良い方だったのだが…
この変わりようは一体…?

そもそもなぜ小説が苦手だったのかを考えてみた。

まず何より学生の頃、読書感想文で優劣をつけられていた事。
「なぜに個々に思った感想に優劣をつけられにゃならんのだ?」と
「読書」というものを敬遠するようになった。

毎年、感想文のコンクールかなんかで良い賞をもらってたクラスの子が
3年のときに入賞できなかったときに担任が言った一言
「今回は読んだ作品の注目度が低かったので入賞できなかったですね」
あんたは読んだ作品で感想文の優劣つけるの?

じゃあ良い作品って何?
アレだけ膨大な数ある小説の中からどうやって良い作品を選ぶの?
そんなもんピンポイントに見つけられるわけがない…
うん、無理。。。

・・・

オレが小説とか読まなくなっていたのは
どう考えても学校の教育のたまものである。。。

今すぐに脳内から担任の記憶を抹消したい。

そういえば過去に恩師と言えるような先生に出会ったことはない…気がする。