時間…

自分はお風呂つかりながら考え事することが多いので
元々結構長時間湯船に浸かっているのですが
最近、今まで以上に長時間風呂に浸かるようになってきております。

原因は他でもない、風呂で小説など読みやがるからです…
今までは30分くらいだったのですが
最近は油断すると頻繁に1時間オーバーします。

とはいっても本当に長湯な人はこんなもんではないのだろうが…

実家にいた頃は長時間風呂入ってることはなかったんだけど
上京して一人暮らしはじめてから後を考えなくて良くなって
ゆるゆると風呂に入れるようになった。

一人暮らしは人に気を使わなくていいのが恐ろしい…
お風呂は好きなだけ入れるし
ご飯も好きなときに食べれるし
※いや、自分の場合「面倒だから食べない」という選択肢で怒られることがない
 というのが正しいか…
アニメーなポスター貼っても家族に見られることはないし
おんにゃのこがプリントされた抱き枕とかあっても親に心配されることはないし

ただね…

なんか時間が短く感じるんだよね…

なんでか考えてみたんだけど
緊張感のようなものがないからだと思う

たとえば「スポーツや仕事やってる時間」と「ボーっとしてる時間」って
前者は予想以上に長く感じる気がするけど
後者は気がつけば時間がたってたって感じで
※前者は長時間集中してたらアッという間にも感じるんだけど…

そう考えるとたとえ気を使わなくていい家族であっても
自分の空間に人がいることで緊張感が生まれているのではないかと…
それに対して孤立した一人暮らしってのは緊張感に欠けているのではないかと…

緊張感持って生活するってのはけっこう大事なものだと思うんですよね…
一人暮らしの緊張感のなさって何かに悪影響を及ぼしたりしないんだろうか…?

おっと…
いかんいかん話が大幅にそれた…

まぁ、いつもながらコレといって落ちがあるわけじゃない

さて、明日は休みだし、今晩は冷えるんでいつもよりまったり風呂入るか。

んじゃ、「ぼくと彼女に降る夜」の続きも気になってるんで風呂さ入ってくる( ・ω・ )ノシ